インドネシア1日目 ~KYOFU NO TABIJI~

ゴールデンウィークなのでインドネシアにやって参りました。

いつの間にか世界三大仏教寺院を2つ訪れていたことに気づき、
せっかくならと3つ目のボロブドゥールに行ってみようとインドネシアへ。
※世界三大仏教寺院:ボロブドゥール(インドネシア)、バガン(ミャンマー)、アンコールワット(カンボジア)

空港に着いたら恐ろしいほどのタクシーの客引きが…
そんなのには付いていかないのが常識だと分かりつつも、あえて付いて行ってみると、そこにはタクシー乗り場から相当離れた暗闇に停まっているフルスモークのミニバンが。

とりあえず試しに乗り込んでみるともう一人ガチムチの男が助手席に乗っていたのでこれはマズイと思いつつも念のため値段を聞いてみると空港で聞いていた相場の3倍。

すぐ飛び降りてダッシュで再び空港へ。

次の客引きもフレンドリーに騙してきたので、もうちゃんと普通のタクシー乗って目的地へ行きました。それにしてもタクシー安いね。

 

ジャラン・ジャクサという場所に安宿があるらしいのでそこへ向かうことに。
渋滞が激しく、車がなかなか進まない。

夜に着いたので、タクシーの方が楽だと思って乗ったのに結局30分程度の距離を2時間かけて進んだ。


 ジャラン・ジャクサ。一昔前はバックパッカーで溢れていたらしいが、今はただの寂れた通り。

レ マルゴットという宿。シングルで2000円くらいする部屋しかなかったけど、レストランが併設されていたので楽をしようと一泊。

トリップアドバイザー
「Le Margot」 : Jl. Jaksa No.15C, Jakarta

※古い割りに少々高いのであまりお勧めしない。


 併設されたレストラン。WiFiは部屋では使えず、このレストランでのみ使用可能。飯は普通にうまい。

さて僕が目指すボロブドゥールはジョグジャカルタというジャカルタから400キロくらい離れた街にあります。

ゴールデンウィークも長くはないので飛行機使っちゃおうかなと思いチケットを探したものの完全に売り切れ。

電車も空いてなかったので、どうしようかと思っていると泊まっていた宿の部屋に一人の男が入ってきた。
ロビーでだらだらしていたおじさんが、女のお店に行かないかとしつこく勧誘してくる。

拒否しまくっていると、今度は明日はどうするんだと聞いてきたのでジョグジャカルタに行きたいと伝え、バス会社の場所だけ教えてもらって部屋から出て行ってもらった。

一人旅の男だと女を求めて来ているように思われてしまうのだろうか。

 

そしてこのバスの選択がよもや恐怖の旅路(KYOFU NO TABIJI)に繋がるとはこの時は知る由もなかった…

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。