【世界一周 番外編#25】《魂が震えた》星がよく見えた場所3選 -写真あり-

自然を楽しむことは、旅の一つの醍醐味でもあります。

瑞々しい山々、輝く海、紅く沈む夕陽、そして満天の星空。

今回は星がよく見えた3ヵ所ご紹介します。

ガヴドス島(ギリシャ)

ギリシャのクレタ島南部に位置する小さな島です。週に2便しか船は運行していません。

島民は殆どおらず、バケーションで訪れる人が使う海の家やほんの少しの宿があるだけです。

ビーチは(恐らく)全てがヌーディストビーチで、朝から晩までヌードの人がいます。というかヌードの人以外いません。

バケーションとはいえ、アクティビティーが充実している訳ではなく、ビーチにテントを張ったり、拾ってきた流木で基地を作ったりして、のんびり過ごしている人ばかりです。

僕もビーチにテントを張って過ごしていました。昼間は日光でテント内がサウナのようになるので、基本的にはオリーブの木陰でのんびりしていました。

そして夜になり、おしっこをしようとテントから出ると、そこには満天の星空が広がっていました。

モンゴルの草原

馬を借りて草原を旅をしていた時のことです。標高は1500mと結構高く、昼間は暑いのですが、夜は冷え込みます。

雨季ということもあり、昼間にザッと雨が降り、夕方には晴れるのですが、日没と共に空が雲で覆われてしまう日が続いていました。

その日はゲルに泊まらせてもらい、冷え込む夜のために暖炉を焚いて寝ていました。

そして夜になり、おしっこをしようとテントから出ると、そこには満天の星空が広がっていました。

ソンクル湖(キルギス)

キルギスの標高3000mに位置する湖です。

ぼくが訪れた時は丁度、ホースフェスティバルという馬の祭が開かれていました。

馬に乗った選手たちが、首をちょんぎった羊をボールにしてラグビーのようにゴールまで運ぶ、ちょっと怖い競技を見ることができました。

夏場とはいえ、標高が高いので肌寒いのですが、せっかくなのでソンクル湖にも入ってみました。さすがに身体が冷えましたが、ショルパという中央アジアのスープで暖まれました。

宿は遊牧民が使うユルタというモンゴルのゲルのような建物です。祭の日だったので、多くの人が訪れており、ユルタの中はギュウギュウでした。

そして夜になり、おしっこをしようとテントから出ると、そこには満天の星空が広がっていました。

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。