【東南アジア一周】タイ1日目~マレー鉄道で国境越え~

ペナン島を離れ、マレー鉄道の駅がある街、バタワースへ。

バタワースへ向かうフェリーの中、「無印良品」と書かれた紙袋を持った、あからさまな日本人を発見。

 フェリーから眺めるペナン島

お互い声かけようかどうしようかな雰囲気の中、なんやかんやで駅のホームで合流。

 一歳年上

 これがうわさのマレー鉄道

マレー鉄道も席が近く、終始おしゃべり。

その内、ついにタイとの国境に到着。一度電車を降り、入国審査を受ける。

再び走り出し、日が沈むころ、夜行列車モードに切り替え。
超狭いベッドで就寝。


 寝返りをうつと1.5mの高さから落ちる

寝るまでの間、関西国際空港で買っていた「夢をかなえるゾウ」を読んでいた。遡ること8日前マラッカに到着してからの2日間、僕は悩んでいた。

日本でやっていたことを全て辞めた上でやってきたこの旅。
全てを辞めた自分には何があるんだろう。何ができるんだろう。とずっと考えていた。何もかもを失った気持ちになっていた時に、例の猫を操るおばさんの事件があり、落ち込んでいた。

夢をかなえるゾウにはこのような事が書いてあった。(要約)
新しいことを始めるときは、何かやめなければならない。何もやめずに新しいことを始めるから溢れて続かない。

今の自分なら分かる。
大学4年生になり、昔の自分にとってはチャレンジだったことも、今では慣れて日常になってしまった日々の活動の中で、前へ進めていない実感から、いつももがき苦しんでいた。

どうしても自分の枠から抜け出せないもどかしさと、どうすれば抜け出せるのかわからない中、日々の予定はいつも詰まってしまっていて、考える余裕も新しいことを始める時間もなかった。

旅に出て、その全てがなくなった喪失感で逆にどうすれば良いか分からず苦しんでいたけど、気が付けば毎日新しいことに出会えて、新しい人に出会って、いつの間にか自分の日常は枠を超えていた。

新しいことを始めるときは何か辞めることから始めるというのは、自分を変えるという意味でも重要なことだと思う。

電車の壁を這うゴキブリを眺めながら、狭いベッドで僕は充実感に満たされた。

【東南アジア一周】最初の記事
         次の記事

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。
せんまさお

最新記事 by せんまさお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。