【世界一周#60】クルナに行く

午前6時10分。予定より少し遅れて宿を出た。バスターミナルが宿から遠く、渋滞を恐れて早めに宿を出たが、思いのほか空いていたので出発予定の1時間前に着いてしまった。

待合スペースには蚊が溢れていたので、極力外で待った。スケジュールより少し遅れてバスが来る。指定席のはずが、バスはガラガラだったのでどこに座ってもいいらしい。

一番後ろに座っていると、スタッフが「気を遣わず一番前に来なさい」と言う。後ろが良かったが、スタッフの気遣いに気を遣って前に移動した。

しばらくするとバスから皆降りていく。まだまだ到着していないはずなのに。

近くにいたお姉さんが、「ここで降りるのよ、船に乗るのよ」と教えてくれる。よく分からないのでお姉さんに着いて行く。

重い荷物を担いでいると、お姉さんが「持とうか?」と聞いてくる。大丈夫ですと返して着いて行く。

「どこから来たの?」と聞くので、日本ですと言うと、「日本人は激務だから重い物でも平気なのね」と言う。やっぱりそういうイメージがあるんだ。

少し歩くと船に着いた。川を渡るらしい。荷物置き場に重い荷物を置き、お姉さんに呼ばれるがまま席に着いた。船は人がいっぱいになったら出るようで、少し待って出発した。

お姉さんは船内の食堂へ昼ご飯を食べに行った。僕はお腹が空いていなかったのでそのまま残っていると、隣のおじさんが話しかけてきた。

「あの人は友達?」

同じバスの人ですと答えると、そこから会話が始まった。バングラデシュには何のために来たのか、どこに泊まっているのか、何を食べているのか、バングラデシュはどうか、など。最後にオススメの観光スポットを教えてくれた。興味深そうに周りの人もおじさんを通訳にして質問して来る。

お姉さんが帰ってきた。お姉さんはコーヒー売りからコーヒーを買い、僕にも買ってくれた。昨日から奢ってもらってばかりだ。

飲み終わる頃に船は岸に着いた。お姉さんに着いて行き、無事にバスに乗れた。正直一人だと結構難しいので助かった。

クルナという街に着いた頃には夕方が近かった。お姉さんから宿の場所をいくつか教えてもらい、行ってみたが満室ばかりだった。

宿のスタッフに空いてそうな他の宿を教えてもらい行ってみたが、ただでさえ高いバングラデシュの宿の中でも比較的高い宿しか空いていなかった。部屋を見せてもらった後、やむなくここへ泊まることにした。

高いとはいえ、水シャワーしかなく、よく見れば小さなゴキブリ付きだがやむを得ない。

荷物を置き、すぐにご飯を食べに行った。カレーとナンを頼んだが、ナン1枚で足りるか分からず、どのくらいのサイズか聞いたのだが、スタッフが手で表したサイズは小さかったので2枚頼んだ。

数分後、スタッフに教えてもらった1.5倍ほど大きな分厚いナンが出てきた。残すと勿体無いので食べきったが、カレーも辛いことが相まって胃がかなり苦しくなった。

午後5時、宿に戻った途端に、睡眠薬でも盛られたかのごとく一瞬で寝てしまった。

I got on a bus to go to Khulna in Bangladesh. It takes about 6 hours but after an hour, the bus stopped all of sudden. I couldn’t understand why the bus stop here. A woman said you have to get off the bus and get on a ship. I don’t know why but I followed her. I got on the ship to go to opposite side of a river because there is no bridge. The woman gave me a cup of coffee. I wanted to pay my bill but she didn’t accept my offer. After an hour, I get on another bus with her. I took sleep soon. After 4hours, we arrived in Khulna city. I said good bye to her and looked for a hotel. I found a hotel but it’s expensive and not clean. I couldn’t find another hotel so I decided to stay here. I was so hungry so I had my lunch and dinner. After eating,I went to bed soon.

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。
せんまさお

最新記事 by せんまさお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。