【世界一周#56】ブラックアウト、そして汗

宿の主人にバスターミナルまで案内してもらった。宿から徒歩2分で場所も知ってるからいいよって言ったのに送ってくれた。元気な世話焼きおじいちゃんという感じだ。

宿はボロボロで田舎の家みたいな設備だった。朝起きてドアを開けると巨大なゴキブリがひっくり返って死んでいた。朝起きてゴキブリを見るまでの最短記録を更新した。

ミャンマー式(和式とほぼ同じ)トイレでウンコをし、桶で水を流す。ウンコが流れていく。ボットン便所まではいかないが、下水道ではなく所謂肥溜めがあるので宿が臭い。

Wi-fiも夜になると電源を切られて使えない。

主人が元気闊達な人でなければ星1のような宿だったが主人のおかげでギリギリ星3(10中)である。

気温38度のヤンゴンについたのは5時間後。バスでは隣のミャンマー人の奥さんがめげずにミャンマー語で話しかけてくれる。

僕は何言ってるのか全く分からなかったので分からないと英語で言い、愛想笑いだけしておいたのだが、それでも何度も何度もミャンマー語で話しかけてくれる。不思議だ。

気温が高すぎて気が狂いそうだ。朝飯も昼飯も食べてないので空腹でもある。モンユワで会った人がヤンゴンの日本食料理屋を教えてくれていた。

久々に食べたくなったので行ってみた。カツカレーと餃子とコーラを注文し、これ日本食として微妙なラインだなと思っていると、すぐにカツカレーが来た。ネギと白菜とキノコのカレーだ。写真と違う。

一口食べたら突然停電した。僕は構わずカツカレーを食べたが何も見えないので掬い過ぎて口を火傷した。

5年前は一日の半分くらいは停電していたが、今回は初の停電だ。クーラーが消え、店内が死ぬほど暑い。汗が止まらない。そして何も見えない。

餃子が来た。おそらくこの皿のどこかにタレがあるんだろうけど、暗闇に白い何か餃子的なものが辛うじて見えるだけだ。

味はうまい。「うれしいレストラン」という名前の通り、僕は今嬉しい。日本食としてギリギリのラインかもしれないチョイスだったが味付けは日本人好みの甘いやつだ。

店員さんが巨大なLEDライトを持って歩いている。欲しそうな目で見ていると貸してくれた。

一瞬でペロリだった。でかい腹をさすりながら宿に帰った。正直ずっと風邪気味なので休みたかった。

旅の何が休みで何が休みじゃないかというラインは非常に難しいが宿にこもることを休みと定義する。

宿に戻るがやはり停電なので暑くて居てられない。僕はポータブル扇風機を持ってきていたことを思い出し、ベランダに出て回した。すると気温が高すぎるので熱風が来る。暑さで悶えていたらようやく電気が復旧した。

本格的にゴロゴロするまえにトイレに行こうとしたところ2人の日本人に出会った。話すうちに彼らが17歳の高校生だと分かった。

僕はかつてラオスで17歳の女子高生に出会ったことがある。みんな17歳からバックパッカーしてるなんて意味分からないくらいすごい。28歳の僕は毎日ビクビクである。

17歳の時は受験でてんやわんやしてた気がする。とか話していたら彼らは大学へ内部進学予定らしい。

17歳だとまた見える世界も違うんだろうな。結局夜まで話し込んだ。更に日本人がゴロゴロと泊まっている宿だと分かった。たまたまなのか分からない。別に日本人宿でもないし、なんならチャイナタウンにある。結局選ぶ宿は似てくるのかもしれない。

夫婦で世界一周したことのある方や、ヤンゴンに長い間居る方など持ちネタが違っておもしろい。情報を共有できたので満足だが、僕が次に行く予定の国の情報があんまり出てこないことが心配。まあ行ってから考えよう。

ちなみに明後日移動予定なので明日もヤンゴンにいるが、5年前と合計するともう1週間以上はヤンゴンにいるので特にやることがない。風邪を治そう。

I went back to Yangon city to go to next country but my ticket date is day after tomorrow. And I’m little bit sick so I want to take enough rest. I went to Japanese restaurant that a man who I met in Bagan recommended me. I really felt better. Then I met 2 Japanese who are 17 years old. I was surprised about their age because I didn’t think about travel abroad at that age.

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。
せんまさお

最新記事 by せんまさお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。