【世界一周#257】ナザール・ボンジュウ

イズミールはとても暑い。蒸し蒸しとして汗がひかない。

港町らしく坂道も多い。下町を抜け、丘を登り、屋外博物館へ。

国によっては大切に保管されるであろう遺跡のカケラなんかが敷地内にゴロゴロと展示されている。

かつての市場跡には水路があり、一部にはまだ水が通っている。すごいぜ古代の人。

海近くの広場へ向かう。恐らく偉い人がパフォーマンスだろうか、道行く人にドーナツみたいなものを奢りまくっている。YouTuberみたいなことをする。

歩き疲れたのでお茶を飲む。トルコでもお茶はチャイと呼ぶらしい。インドのチャイとは異なり、普通の紅茶だ。ローカルな店だと、大体1.5リラ(28円程度)で飲むことができる。取手のついていないグラスなので持つととても熱い。

トルコではどうしても買いたいものがあった。ナザール・ボンジュウである。iPhoneの人は「なざーるぼんじゅう」と入力してみて欲しい。変換候補に「🧿」が出てきたんじゃないだろうか。これのことだ。

ガラス製のこれは、トルコのお守り。邪視から災を跳ね除けると言われている。たぶん魔除みたいなものだ。今気づいたけど「まよけ」でも🧿が変換候補に出る。

道端でもよく売られているが、本気のナザール・ボンジュウが欲しくてガラス専門店へ。

煌びやかなガラスの家具や食器、オブジェが並んでいる。旅からはかけ離れた繊細な世界に、少し心が落ち着いたような気がした。

店の奥にナザール・ボンジュウコーナーがあった。スタンダードな青、派手な金、お洒落な水色。初めて行ったラーメン屋では一番スタンダードなラーメンを注文する派の僕は、青色にすることにした。

ハンドメイドなので、柄やサイズもまちまち。

「決められないのね」

店員さんが声をかけてきた。それぞれに良さがあるような、どれも同じような、よく分からない。

もうピンときたやつに決めた。お値段165リラ(3,100円程度)。箱にはリボンをつけてもらった。

日が暮れてきた。ケバブサンドを買い、海沿いへ向かう。エーゲ海らしい。

これがエーゲ海か。なんか遠くまで来たな。

ベンチに腰掛け、ケバブをかじりる。うまいなあ、ケバブ。

まだまだ旅は続く。これからなんて名前の海を見ていくんだろう。海は一つしかないのにな。

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。
せんまさお

最新記事 by せんまさお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。