【世界一周#152】チンギスハーンがライトアップされているなぁ

そういえばウランバートルの観光をしていない。キャンプグッズとかを揃えにちょっと遠くに行っただけだ。

とりあえずウランバートル最大の寺院に行く。正直なことを言えば、もうモンゴルには満足していた。散歩がてらの観光くらいの気持ちだ。

宿から30分ほど歩くとすぐに見つかった。敷地内にはいくつか寺院があり、そのうちの一つには人がひしめき合って座り、お坊さんがマイクで拡声した念仏に合わせて皆ムニャムニャ唱えている。当然だが言語が違うが唱え方の雰囲気は似ている。

別の寺院には巨大な仏像がある。外国人は入場料と写真を撮るならカメラ料がかかるようで、両方払う。

拝んだ後にパシャパシャと写真を撮っていると、小学生くらいの子供に「写真を撮ってはいけない」と注意された。

確かに寺院で写真を撮ることには不謹慎感がある。しかしお坊さんがOKを出しているのでお金を払って権利を得たのも事実。

とはいえ、「僕はお金を払ったから自由に写真を撮っていいんだ」と小学生に言うのはなんか違う気がして、カメラをしまって外に出た。これはお坊さんサイドのやり方に問題がある気がする。

近くで昼ご飯を食べた。最近、ヤクとか羊とかばかりだったのでフライドチキンを頼んだ。もちろんコーラを添えて。

チキンはフライドするか炭火で焼くことでビーフに並ぶことができる。いや、下手なビーフなら超えることができる。

酸味の効いた謎ソースがサッパリしていてうまい。Aラさんはビーフを頼んでいたので、一切れずつ交換して食べたが、やっぱりフライドチキンの方がうまい。

ちなみに、モンゴルではチキンはそんなに一般的ではないらしい。確かにニワトリを飼っている遊牧民なんて見なかった。草を食べないからかな。

帰り道にお土産やさんに寄った。モンゴルのお土産なら馬頭琴がいいが、デカすぎるので買えない。それなら馬かゲルかチンギスハーンの何かが欲しいと思って探していた。

馬の置物なんていらないし、ゲルのプラモは持ち運ぶのが大変そう。チンギスハーンのウォッカなんてあったが飲めない。

そんなとき、ふと異臭に気づいた。あたりを見回すと、壁にかかった頭絡が目に入った。頭絡は馬に乗るときに馬の顔面に着けている紐みたいなやつである。

皮でできた頭絡がめちゃ臭い。欲しいけど臭いからやめておこうと、カシミヤ手袋やラクダの毛の靴下なんかを見ていたが、違う場所にも頭絡があった。

しかも、こっちは臭くない上にさっきのより安い。これに決めた。Aラさんは何に使うのと呆れていたが、使うか使わないかじゃない。欲しいか欲しくないかだ。使う使わないで考えていたらお土産なんて買わないのだ。

僕はドンキホーテとかダイソーみたいなゴチャゴチャした空間が好きなので、将来好きなものだけで埋め尽くした部屋を作るつもりだ。

しかし手持ちのお金が足りず、クレジットカードも宿に置いてきていたので一旦帰ることに。

その前にチンギスハーン広場が宿の近くにあると聞き寄ってみた。おお、確かにチンギスハーンの像がある。僕たちは宿に帰った。

Aラさんを置いて頭絡を買いに戻る。トゥグルグが残り少ないのでカードで買う。

徐々に暗くなってきていたので、ライトアップされているかも!と思い再びチンギスハーン広場へ行ってみた。おお、確かにチンギスハーンの像がライトアップされている。僕は宿に帰った。

今夜はラーメンの気分じゃない。話し合いの結果、韓国料理に決めた。できればサムギョプサルを食べたい。

しかしようやく見つけた韓国料理店はサムギョプサルがなかった。とりあえず豚肉を辛いやつで炒めたやつと、鶏肉を辛いやつで炒めたやつと、ご飯も食べたかったので石焼ビビンバとキンパを頼んだ。

数分後、巨大な皿に乗った豚肉を辛いやつで炒めたやつと小鉢、そして白飯が出てきた。そう、白飯は付いてくるパターンの店だったのだ。

そして石焼ビビンバとキンパが出てきた。やばい、ご飯だらけだ。そしてまた巨大な皿に乗った鶏肉を辛いやつで炒めたやつが出てきた。

店に入ってきた韓国人が僕らのテーブルを見てウワーオと言っている。彼女は満席の店内から名残惜しそうに出て行った。

これは確かにウワーオだ。確かにめちゃくちゃうまいが、多すぎる。なんとか協力して食べきることができた。

下を向くと吐きそうだ。すっかり暗いウランバートルを歩く。数年前まで、マンホールに住むストリートチルドレンがスリとかして治安が悪かったらしいが、今では殆どのマンホールがコンクリートで固められている。

24時間営業のコンビニでコーラを買い、激しく飲む。炭酸で更に胃がはちきれそうだ。

一昨日までとは180°変わった日。

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。
せんまさお

最新記事 by せんまさお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。