ミャンマー1日目 ~アジア最後のフロンティア~

成田空港から元首都のヤンゴン(2006年から首都はネピドー)まで直行便で約7時間。

乗客のほとんどがミャンマー人。ミャンマー人が日本に来ているイメージはあまりなかった。

飛行機から降りると、あのなんとも言えない東南アジアの香りがしてきて、胸がキュッとするような懐かしい感情が沸きあがってきた。

2年ぶりの東南アジアで心躍る。

すでにお腹を壊していた僕はまずうんこをしました。

そして東南アジアのトイレにある懐かしのあの例のシャワーでお尻を洗い、またまた懐かしさに涙が流れそうになりました。

タクシーを拾いダウンタウンで宿探し。

仏教に熱心な国ということもあり、運転手さんも目を瞑り仏塔に手を合わせる。

もちろん運転しながらね。

運転手さんに一番安いホテルを教えてもらい、無事に「マハバンドーラゲストハウス」という、ホームレス以上、刑務所以下くらいのクラスの宿(雑居ビルの上らへんに無理やり作ったようなやつ。壁はベニヤ板)を見つけほっと一息。


 隣の部屋でギターを弾いている人がまるで同じ部屋にいるように思える不思議な壁

ロビーで宿の旅ノートを見ていると、たまたま泊まっていた日本人のSさんが声をかけてくださった。
夕飯を食べることにし、それまでは一人で街を散策。

 
 街中では映画館が大盛況

客引きがいるといえばいるが、あんまり強引な人はいないので安心して歩ける。
宿近くの通りをグルっと歩いていたら日が暮れてきたので宿に戻ることに。

 街中にそびえ立つ黄金のパゴダ(仏塔)

先ほど出会ったSさんは世界一周中とのことで、タイから陸路でミャンマーに入国したそう。Sさんも今日ヤンゴンに到着したそうだ。

2013年は陸路でタイからの入国はできなかったので、少し羨ましく思ったが、聞いた限りでは陸路入国はまだまだ相当に難易度が高そう。

明日は一緒に観光する約束をした。いきなり楽しそうな出会い。

ミャンマーの旅 次の記事

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。