【東南アジア一周】ラオス1日目~世界一の首都~

朝の4時半にラオスの首都、ビエンチャンに到着。
辺りはまだ暗く、ちょっと怖かった。


 ワイロ3ドル払わないとスタンプを押してくれない


 いらっしゃいませラオスへようこそと書いてある

トゥクトゥクに乗り込み安宿街へ向かう。
早朝ということもあり、どのゲストハウスも扉を閉めている。

水分を抜き、尿を気にする18時間を送ったため、精神と身体の疲労はピーク。
一刻も早くベッドに沈みたい欲求から、ゲストハウスの扉を叩いて回る。
無理矢理起こしたスタッフに泊まりたい旨を伝えるが、どのゲストハウスも満室。
仕方なく、チェックアウトの時間を待つことに。

予約だけ済ませ、日本食レストランへ。
日本食は高いのでオムレツが乗ったご飯を食べる
バス移動中は温かい食事にありつけなかったので、ようやく食べれて嬉しい。


 オムレツご飯。180円。

チェックイン後は例のごとく自転車を借りて市内観光。

 自転車が安くて良い


 ビエンチャンの凱旋門と呼ばれているところ


 凱旋門は登れる


 ラオスのお墓

見どころは3時間もかからず制覇。世界一首都らしくない首都と言われるのも分かる。とにかく高い建物はない。

それでもラオスはいい国だと1日目にして確信した。
皆、非常に誠実で静かで優しい。

全くぼったくられないし嘘をつかれないし(少なくとも気づいてない)、値引き交渉にも優しく応じてくれる。
車はクラクションを鳴らさないし、街を歩いていても客引きに遭わない。

この良さも騒がしい国を回った後だからこそ噛み締められる。

ラオス、ああラオス。

 

【東南アジア一周】最初の記事
         次の記事

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。
せんまさお

最新記事 by せんまさお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。