【世界一周 番外編#3】~カジノ日記3日目 恐怖~

観光に行く前にカジノに寄る。カジノでは無料で飲み物が飲めるので、ケチって飲み物だけ飲みに行った。賭けるのは観光が終わってからだ。しかし気が付けば僕は香港ドルをチップに変えていた。

いきなり200香港ドル勝つ。あと680香港ドルでカジノの呪縛から解放されると思うと、僕は観光を後回しにして更に賭けた。

そして3連敗した。ここで損切した。やはり観光が先だ。何が一番大事か考えた時に、僕は旅をしているので旅をすべきだと思ったからだ。900香港ドルの損が出たので、卒業まではあと1780香港ドル増やす必要がある。

観光でマカオの島側、そしてカジノが最も栄えている地域に来た。せっかくなので中に入ってみた。有名なサンズというカジノだ。有名なだけあり、スタッフがしっかりしている。体験程度にとは思ったが、慎重に勝負することにした。機械式の台は信用していないが、台は大量にあったので、5連続で大もしくは小が出ている台のみに狙いを定めて130香港ドルだけ増やしてカジノを出た。換金所で「サンキュー」と言われたのは後にも先にもこのカジノだけだった。マカオのカジノスタッフは基本的にぶっきらぼうだ。

次はベネチアンへ、ディーラーのテーブルでも最低ベット額が100香港ドルから設定されている。どうやらラフな雰囲気のカジノらしく、人が押し合いへし合いギュウギュウでテーブルを囲みワイワイ言っている。ディーラーも客との会話を楽しんでいる。何より特徴的だったのが、ベットの開始から締め切りまでの時間が非常に早いことだ。人によっては5秒もない。カジノとしては回転数を上げたほうが利益が増える計算になる。商売気質の高いカジノのようだ。僕は淡々と賭け続け、あっという間に1,100香港ドルの勝ちでカジノを出た。

観光を終え、最後にPonte16に戻ってきた。3年前にも来たことがあり、初回の勝ちの大きな立役者でもある。そして二日目の負けの悪の根源でもある。いや、悪いのは僕だが、因縁の場所でもある。今回の勝ちは、なんとなくPonte16で確定させたかった。

しかし手が出ない。3連続の大もしくは小では手が出ない。それだけならまだしも、4連続、5連続出ていても賭けることができないのだ。チップを握る手に汗がにじんで、賭けることができないのだ。550香港ドル勝てば目標に届く。3連勝すれば終われる。

しかし、3回賭けるということが恐ろしくて勇気が出ないのだ。4回連続大もしくは小が出ていても慎重になる。その直前にその逆が6回も続いていたら勝てる気がしないのだ。作戦が揺らぐが、より厳しい方向へ変わるならよいことかもしれない。これだという場面が現れるまでひたすら待った。そしてついに賭けた。

結果は勝ち。200香港ドル増える。残り350香港ドルだ。そのとき、機械式の台で8連続大が出ているのが目に留まった。僕は走って台に向かい、お金を突っ込むと同時に小に100香港ドル賭けた。結果は小、つまり残り250香港ドル勝てば終われる。機械式の台を信用していないし、冷静な判断ではなかったので反省した。またもや戦略を無視している。基本的にはディーラーのテーブルで賭ける。そして今は最低でも4連続大もしくは小が続いている台で、過去の出目も考慮し、ディーラーの気持ちも考えて、他の客の賭け額も加味したうえで賭けている。

タバコを吸いに行った。とにかく落ち着くことが必要だ。吸い終えると再び絶好の場面を待った。そして4連続で小が出ているテーブルを見つけた。過去の出目も申し分ない。そしてほかの客は小が続くと予想して小側に相当なベットが集まっている。ディーラーが違和感なくベットを回収できる絶好のチャンスだ。僕は大に賭けた。

結果は大。残り50香港ドルだ。あと一勝すれば終わりだ。僕はじっと場面を待った。そしてようやく絶好の場面が現れた。小が5連続している。しかし僕は賭けることができなかった。どうしても負けが頭をよぎる。ディーラーが強面だったのも要因かもしれない。とにかく手に持ったチップをテーブルに置くことができなかったのだ。

蓋が開けられる。結果は小。小が6回連続している。僕は最後の勇気を振り絞って大に200香港ドル賭けた。息ができない。チップから目を離すことができない。ディーラーが蓋を開ける。僕はようやく視線を動かすことができた。自分の立ち位置からは遠くて見え辛い。テーブルに乗り出し、目を凝らす。

「4・5・6」

大。僕の勝ちだ。ガッツポーズも声も出ない。歯を食いしばったまま配当を受け取る。テーブルを離れ、チップを数えた。間違いなく、700香港ドル増えている。つまり、計4日間のトータルで1,920香港ドルの勝ち。大負け以降、変更した目標であるが、1,770香港ドルを150香港ドル超えていた。

どうしようと思った。もはや目標を超えた分は不要だ。150香港ドルを使う必要がある気がしていた。悪い意味ではなく、きっぱりとカジノをやめるために、150香港ドルを使う必要がある。僕は50香港ドルをルーレットに突っ込んだ。もし100香港ドルに増えたら寄付しよう。なくなったら終わり。最低ベット額の10香港ドルを賭け続けた。それはあっという間になくなってしまった。やはり適当に賭けるとカジノでは勝てない。

残った100香港ドルはチップに変えた。Ponte16で50香港ドル分、リスボアで50香港ドル分。チップは持ち帰りが可能だ。この数日、僕が振り回され続けたカジノに対する勝利の証に持って帰る。

無料のドリンク片手にタバコを吸う。あまりに華美なカジノに最初は興奮していたが、今は憎しみや怒りの結晶にしか見えなくなっていた。カジノで幸せは掴めない。僕は二度とカジノへは来ないだろう。僕は運が良かっただけだ。

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。