【世界一周#114】何も見えないコロンス島

暑い場所なだけあって久しぶりに蚊に襲われた。それだけでなく、庭のサボテンにアブラムシがついていて、近くに立っていたらいつのまにか足にくっついていた。ゴキブリもホイホイしている。まあこれもありかな。

厦門(アモイ)の鼓浪島(コロンス島)へフェリーで移動。アモイやらコロンスやら海外に開かれた港だけあってシャレている。

地下鉄に乗り、フェリーターミナルへ行ってみると、ローカルの方専用らしく、他の地域の中国人含め、旅行者は旅行者用ターミナルからしか乗れないらしい。しかも結構離れていたのでバスで更に移動する。

この時点で結構時間が過ぎてしまっていたのに、フェリーは1時間後の豪華クラスが一番早い。少し高いが、しょうがなくそれを買った。これまた空港並みのセキュリティチェックを受け、待合室でしばらく待った。

豪華クラスのフェリーが来た。何が豪華って、きっと外装に金色の装飾が付いているところなんだろう。後は少しだけクッション付きの椅子があるのと、追加料金を払えばVIP席という名の眺めがいい席に座れるくらいだ。

島に着いて帰りのフェリーの時間を見てみると、もう観光できるのは1時間半しかない。島は端から端まで歩いて30分くらいで移動できそうだったので、早足で回ることにした。

驚いたのが、帰りのフェリーの時間を調べてから、チケットを買おうと売り場に行くと、スタッフが日本語で話し始めたことだ。そして、僕は既に往復チケットを買っていたようだ。日本に留学にでも来られていたのだろうか。中国人の大半が、僕のことを外国人だと分かっても、日本人か韓国人か分からないのに、この方は日本語で話してきたことから、恐らく日本人と長く過ごしていたことがあるんだろう。

とにかく時間がないので猛ダッシュで山を登る。日光岩という岩が山頂にあり、そこからこの島が一望できるらしい。光より少し遅いスピードで登り続け、ようやく頂上に着いたが、最悪の天候である。光さえ届かないくらい辺りは霧に包まれていた。ここに居るだけでシットリするくらい霧で覆われている。カメラもシットリしているので不安。

シットリした心で山を降り、街並みを見ながら歩くことにした。しばらく歩いていると、ウエディングドレスを着た方があっちこっちに居る場所に着いた。後ろには歴史のありそうな教会がある。それぞれが写真に被らないように、絶妙な立ち位置とアングルでウエディングフォトを撮っている。

その横に、大層豪華な廃墟があった。こりゃすごいなぁと思って見ていると、それは日本の旧領事館だった。窓は割れ、雑草が伸び放題になっているが、中からカンカン作業音が聞こえてきたので、観光のためか何かに修復しているようだ。

もうすでに時間がない。気づけば島の反対側に来ていた。光より速いスピードで元の港へ戻る。途中、洞窟のようなトンネルを抜け、野山をかき分け、洋風建築物を眺め、港へ着いた。

普通クラスのフェリーだったが、人が少なくてこっちの方がよかった。豪華クラスは人がギュウギュウで、キンキンと頭に響く大音量の観光案内が耳障りだった。みんな声が大きいので、アナウンスも大音量にしなければならないという悪循環(僕にとっては)に陥っていたのだ。僕は波を眺めて風を感じるような情緒ある船旅の方が好きだな。

明日乗る予定の電車のチケットを受け取りに駅へ行った。朝早い時間の予定なので、早起きできるか心配だったからだ。最近、とにかく朝が弱い。

駅はスカスカだったので二人ほど前にいただけですぐにチケットは受け取れた。外に出て意味もなく突っ立っていると、チョロQのような電気自動車で警察がやってきた。

ヤバくないけどヤバい。イチャモン付けられたら面倒だ。チョロQからガタイのいい警官2名が降りてくる。何か言っているが分からないので、僕は中国語が分かりませんと言った。

「どこから来たんだ?」

日本ですと伝えると、オッケーと言ってチョロQに乗って去っていった。あのチョロQ、欲しいなぁ。

明日の朝ごはんのパンを買おうと少し移動していると、「SMモール」というショッピングモールがあった。このSMモールはフィリピンのバギオに留学していた際に大変お世話になったというか思い出になっているお店だ。確かフィリピンの会社だったと思うが、中国にまで進出してきているのはなんか嬉しい。そしてたまたま今日はフィリピンTシャツを着ているのも何かの縁か。

それにしても厦門の夜は本当に心地よい。あのチョロQに乗って風を切ればもっと気分が良さそうだ。

地下鉄で最寄りまで帰ってきたが、そこから宿までのバスはもう終わっていた。近くまで行くバスはあったが、気持ちいいのでアイスを買って歩くことにした。中までチョコぎっしりアイスが3.5元(58円程度)。ジメジメ暑い夜に最高に合うが、冷たいものは苦手なので頭が痛い。

いつまで経っても宿につかない。もう23時半なのに、若者がウロウロしている。帰り道だけで学校を3つも見かけた。学生街なんだろうか。

歌いながら1時間歩き、ようやく宿に着いた。あとはシャワーして寝るだけ、携帯充電しよ、と思ったら充電ケーブルを盗まれていた…

返ってこなかったらこの旅、いや今までの旅全て含めて始まって以来の盗難成立だ。とりあえず宿のスタッフに連絡して部屋を変えてもらおう。惜しいなぁ、もう少しでいい一日だったのに。

I visited to Gulangyu Island today. There are a lot of European buildings and churches because the overseas Chinese merchants lived this island and many countries make their embassy in this island. I had not enough time to sightsee so I walked speedy. I climbed a mountain but it was so cloudy today so I couldn’t see anything. When I just walked around the mountain, I found old Japanese embassy but it was kind of a ruin now. I needed to go back to the ship at that time but I enjoyed in this island.

The following two tabs change content below.
せんまさお

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

せんまさお

シャイな僕が世界一周の旅へ。諸事情により緊急でお金が必要だったので一部上場企業のキーエンスへ就職。27歳で退職し、夢だった世界一周をすることに。やりたいことを全部やっている最中です。まずは死なずに帰ってきます。皆が憧れる世界一周だと思いますが、良いところも悪いところも全てそのままお伝えして、一緒に旅している感覚になっていただければ嬉しいです。座右の銘はPLUS ULTRA。「もっと向こうへ」という意味です。好奇心の赴くままにもっと向こうへ行ってきます。好きなコーラはコカ・コーラ。スカッとさわやかコカ・コーラ。LOVE&PEACE。